ミステリイーター!

ノベルゲーム「ミステリイーター!」を主とした、いくつかのゲームの開発ページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7月15日からの3日間

それは1か月半前ほどの事でした
ME2クライマックス付近を書いている最中の、とてもとても忙しいある日
私は・・・ 続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2017/09/03(日) 18:56:39|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最終話完成!

えー、というわけでした
気が付いたらME2最終シナリオ(クライマックス部分)が完成していました
アンノウンの正体や琉羽云々についての物語がひとまずの幕を下ろした、感じです

ここまでのシナリオ量を改めて計算し、ここに載せようとしたのですが・・・思ったほど増えておらず悲しくなったので止めました
どこか別の場所には書きましたとも、ええ

ただまあ、この後もシナリオはまだいくつか残っています
・サイドエピソードいくつか
・残るいくつかの謎に迫るエクストラエピソード(1の非日常云々とは別)
・最終話後の後日談シナリオ
・以前スキップした本編(4章ほど?)
・オマケシナリオ(?)

これが終わり次第、プログラムに載せて・・・
もーちょっとだけ、作業は続くのです・・・!
  1. 2017/08/22(火) 22:44:25|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シナリオ進行度(大体)60%到達

えー、何度目の言葉でしょうか
大丈夫です、生きてます

今しがたのシナリオの区切りの場所で計算しましたところ、
ME2のシナリオ量が(あと40ページ分書けば)、目標値である2000ページのの60%、
つまりは1200ページに達しました

・・・このペースで夏コミには間に合うのかなどと、どこからか、例えば自身の胸の内から聞こえてきますが、
いつも締め切りが近くなると異様に執筆速度が上がるので・・・

さてシナリオは11月に到達しました
体験版の最後で起きたとあるイベントと、それにより引き起こされる問題
それを哲たちはどうするのか。そこを抜けた辺りです

体験版を全てプレイし終えた方はどうぞ
秘密のページ
※Pからの伝言で、ブラウザ画面を縦長に(フルスクリーンではなく、↔とか↕とかを使って比率調整)してから見てほしい、そうです
  1. 2017/05/07(日) 22:20:49|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気づいてほしい「お約束」と気づいてほしくない「伏線」

久しぶりの雑談です
とあるシナリオを書いていた時に、ふと思いました

小説やシナリオの中には、将来的な展開に関わる「準備」としての設置物があります
こう書くといかにも仰々しいですが、端的には「お約束」や「伏線」の事です

まず前者、お約束、フリ、フラグ、などと呼ばれるものについて
主人公が曲がり角から飛び出す→車に轢かれたり人にぶつかったりして惹かれたり
押すなよ? 絶対に押すなよ?→押す
俺、この戦いが終わったら結婚するんだ→死ぬ 胸ポケットに恋人か何かの写真→撃たれた時に銃弾を受け止めてくれる

要するにこちらは「AをしたらBをする」と決まっていて、その認識が書き手と受け手、両方で共有されている事が望ましいものです
その望ましさには差があり、例えばこのうちフラグと呼ばれる類のものに受け手が気づいている必然性はさほどありませんが、それでもやはり書き手との認識が共有できているといいのかもしれません(書き手がその認識を逆手に取った物語を書きやすくなる)

これに対して、もう片方の、受け手には認識が共有されていてほしくないものとして、伏線が挙げられます
基本的に伏線は受け手に覚えていてほしいものですが、それを超えた範囲、つまり「伏線はここだここにあるぞ!」と騒ぎ立てるような事までして認識してほしいものではありません

つまり伏線は別のもの、ただの日常の1シーンや「いい話」に偽装する必要があります
後者については例えば、ME1の7日目知智ルート、捜査中に知智が某人物を励ました時のやり取りでしょうか

>「多分俺に正義感てモンはないな。あるとしたら・・・」
>「まあ、これはあえて言う事でもないか」
>最後に何かを言いかけてやめたようだった。
>それはきっと、踏み込んではいけない個人的な事なのだろう。

あれは一見「いい話」ですが、その実・・・と

このように、話の展開・将来に関わるものとして2種類ものが挙げられますが、
それは出来るだけ気づいてほしい・気づいてくれなければ困る「お約束」と、
認識してほしいがはっきりと覚えていられても困る「伏線」に、
分けられると思います

・・・特にそれ以上の話の意味はないのです
  1. 2017/04/05(水) 22:25:14|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新年、そして・・・

あけましておめでとうございます(震え声)

未だに去年の秋ごろの感覚でいる私です。冬コミはまだまだ先です
多分時差ボケですね
ここ数年、関東圏内から出てはいませんが

さて、ここでME2に関するお知らせになります
今までボチボチ案内を出していましたが、
コミケに出した第3回目体験版「~秋」(正確にはそれに多少手を加えたもの)を、
早めの春(3月ごろ?)に一般公開したいと思います
また製品版「~冬」につきましては、今年の夏コミを目標に鋭意製作中です

今までの軌跡と合わせてまとめます
・体験版1 「春」 2015年3月15日公開
・体験版2 「夏」 2016年11月12日公開
・体験版3 「秋」 2016年12月29日公開 ※コミケver
・体験版3 「秋」 2017年3月ごろ予定  ※一般公開ver

・製品版  「冬」 2017年8月半ば予定

と、いった感じです
ちょうど昨日今日で、一般公開verの秋部分の追加のサイドエピソードの執筆が終わりました
またこの2つの第3回目体験版の差異ですが、以下の通りです
・オマケの書き下ろし小冊子の有無・・・コミケverのみ。データ形式での一般公開verへの付属予定なし
・多少の加筆修正・・・一般公開verのみ
↑1、誤字脱字の修正
 2、秋部分の人物情報を追加(コミケ版では手が回りませんでした・・・) 
 3、サイドエピソードを1つ追加(コミケ版では・・・)
 4、新たなCGを1、もしくは2か所追加

と、そんな感じです
あと半年ほどです。完走を目指します
  1. 2017/01/31(火) 23:32:17|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。