ミステリイーター!

ノベルゲーム「ミステリイーター!」を主とした、いくつかのゲームの開発ページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エクストラエピソードA 生徒会

MEの攻略というよりあとがき、むしろネタばらしとか裏話
ネタバレを含むのでコメントはEX生徒会まででお願いします
未プレイの方は非閲覧推奨
※暴言注意

おはようございます。
雪がゴミのように積もっていますね。
北国のほうだと、雪はゴキブリ並みに目の敵にされていますが、都会育ちの私にはどうでもいいことです。

? 今は昼? というかむしろ夜?
あなたは世界が自分を中心に回っているとでも思っているのですか。
まったく、嘆かわしい限りです。
あなたがそんなだから、某テレビ局は災害時でもテレビアニメしか放映しないんですよ。

・・・。「お前は誰だ」という顔をなされている方もいらっしゃいますね。
ちゃんとエクストラの方に目を通したのですか。
・・・失礼。3歩歩いたら物事を忘れる人にはいささか無理なお話でしたね。

自己紹介? そんな些細な事、面倒なのでやりません。
どうしても私のことが知りたければ、こちらに勝手に目を通してください。

・・・年上を敬え?
何か言いましたか、年増

さて、ここからは私がこの「エクストラエピソード」についてのお話をします。ありがたく思ってください。
そうですね、土下座でもしながら読んでいただければと。
? 土下座していたら読めない?
では読まなくていいのでずっと土下座していてください。鉄板でも用意しましょうか。
=====================================================================

七瀬「・・・あの、欠片ちゃんそろそろストップいや割とマジで」
欠片「おや、こんにちは怪鳥先輩。今日も鳥みたいな顔ですね」
七瀬「ホントごめんなさい悪気は多分・・・いや悪気しかないんだとは思うけど・・・」
七瀬「っと、その前に自己紹介っと」
七瀬「わたしは柊七瀬・・・生徒会長、って言ったほうが分かりやすいかな?」
欠片「そうですね。あのモブ子先輩に名前が付いていたなんて驚きです。明日は太陽でも落ちてくるのでしょうか」
七瀬「名前くらいあるわいっ! ・・・じゃなくて、」
七瀬「今回は「エクストラエピソード」、本編とはまた一味違った、脇役たちの物語です」
七瀬「一応あくまでもわたし視点という事なので、みんなの名前は役職じゃなくて、本名になっています」
七瀬「詳しくは「人物情報」→「裏」→「人物裏情報」を見てみてね」
欠片「ところで会長先輩、仕事は終わったのですか?」
七瀬「・・・」
七瀬「・・・」
七瀬「・・・」
七瀬「(今日の晩ご飯何かなぁ・・・)」
御船「あらあら、現実逃避しても駄目ですよ?」
七瀬「うっきゃあああっ!?」
御船「さ、お仕事の時間ですよ?」
七瀬「でっ、でも今はライターさんに頼まれたストーリーの紹介が・・・」
御船「あら、それは困りましたね?」
七瀬「そ、そうだよ! だから今はこのまま後3時間くらい、今回のストーリーをまとめるキーワードを・・・」
羽片生徒会の日常?」
御船「決まったようですね?」
七瀬「え、えと! ・・・そうだ! 男子陣! 誰か助け――」
紅葉(机の上のメモ)『バイトがあるので帰宅させてもらう』
佐倉(机の上のメモ)『オンゲあるんで帰る』
三枝(机の上のメモ)『チャットやるんで帰るわ』
御船「これはいよいよ七瀬ちゃんに処理してもらうお仕事が増えそうですね?」
七瀬「きゃあああわたしもおウチに帰してえええええええぇぇぇぇぇ・・・」
=================================================================================

欠片「さて、バ会長先輩も財布姫もどこかへ行ってしまったことですし、そろそろ私たちも帰りましょうか」
欠片「馬鹿姉は、この後何か用事はありますか?」
羽片「駄菓子屋で糖分補給したい(提案)。部長からもぎ取ったお金で(ゲス顔)」
欠片「そうですか。ではついでに桧垣と暗子も呼びましょうか。ここで恩を売っておくのも悪くなさそうですし」
羽片「うむ。ではおまいらノシ」
==================================================================================

○紅野木屋補足
好き勝手に書いてたら、↓入れるスキマがなかったのでここに書きます

友人にテストプレイやらせたら、EX生徒会は彼曰く「会長不憫物語」
生徒会内の話を書くつもりが、気が付いたら欠片の独壇場でした
どうしてこうなったいやまあいつもの(ry
ぶっちゃけ、こいつら書いてて楽しいですはい
日常の象徴、日常とは笑い、笑いとは詰まる所自分の腕の見せ所、といった感じですし
関連記事
  1. 2013/01/16(水) 00:00:01|
  2. ME攻略
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ME攻略 4日目 | ホーム | ME攻略 3日目パン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mysteryeater.blog.fc2.com/tb.php/101-effff1e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。