ミステリイーター!

ノベルゲーム「ミステリイーター!」を主とした、いくつかのゲームの開発ページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

知識の引き出し

さて、不定期(思いつき)のライターさんの文章書き方講座~

これくらいしか書くネタが思いつかない(´;ω;`) 
だってこの系列のネタは拍手の獲得数も多いし (´・ω・`)

なお、今回の話には文章に限らず、創作活動を行っている人たち全般に言える事ですが、
各人が使用する『ネタ』は、それぞれの人生で培われてきたものが使われます

影響を受けた作品はそれぞれであり、とある作品から多大な影響を受けた人もいれば、様々な分野からお気に入りの設定を見つけた人もいます

前に耳にした話なのですが、ライトノベル界で『とある魔術の禁書目録』が大ヒットした翌年、
ラノベの出版社に送られてくる応募作品のヒロインは、↑のヒロイン『御坂美琴』と似たものが非常に多かったそうです

late in autumun

つまり、各人が意図的にせよ無意識にしろ、禁書から『知識の引き出し』に多大な影響を受けていたという事ではないのでしょうか

さて、今回の本題の『知識の引き出し』について
これは自身の作品の幅を広げ、パクりなどと言われないようにするために、大事な技術です

文章的な事に関しての話にはなりますが、例えば、
生まれてから物語は「桃太郎」しか読んだ事のない人物
を想像してください

その人物が物語を書く場合、それはどうしても
主人公が旅の途中で仲間を集めつつ、最後に敵を倒す物語
になると想像がつきます
当然、その作者は物語とは『桃太郎』しか知らないのだから、書く話もどうしても似通ってしまいます

では、そんな作者にハーレム系のラブコメを読ませたらどうなるでしょうか。おそらく、
主人公が旅の途中で女の子を集めつつ、いちゃこらしながら最後に敵を倒す物語
になると思います

そして次に、SF系の物語を読ませたら・・・?

そう、これが『知識の引き出し』です
作品を創作するにあたり、様々な他作品(知識)を吸収すれば、それだけ自作品の幅が広がります

自分だけの『世界観』(もしくは『作風』)を作るために、『とにかく様々な他人の作品に触れる事』が大事、なのです


今書いてる作品の展開が思いつかないから現実逃避にこれ書いたなんて言えない(´;ω;`) しかも誰かの受け売りだし
関連記事
  1. 2013/02/16(土) 13:50:15|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ME攻略 EX補足説明 右側 | ホーム | 初心に帰って>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mysteryeater.blog.fc2.com/tb.php/130-8aaa1aa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。