ミステリイーター!

ノベルゲーム「ミステリイーター!」を主とした、いくつかのゲームの開発ページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

再現率低下中?

最近、再現率と自分が勝手に呼んでいるものが下がっているような気がします

再現率とは、
何か物語を書く前にイメージする脳内構築
実際に書いた文章のシンクロ率の差の割合
です
定義は勝手に自分で作りました

イメージの構築中にとある情景、ワードにして2ページ前後のシーンが浮かびます
感動シーン、漫才シーン、シリアスシーン、バトルシーン、何でもありです
でもそのイメージに従って実際に文章に書き起こしてみると、何かが違う、という感じになってしまうのです

要は書きながら考える事によるただの路線変更(もしくはイメージしていなかった部分で前後のイメージ同士をくっつけられなかった事による展開の齟齬)であり、それが良い方向に向かう事も多々ありますが、最近はそれが悪い方向に向かってしまっている、という感じです

イメージの中では面白かったはずなのに、実際に書いてみるとあっさりとし過ぎており、あれ? こんな感じだったっけ、と

書いた結果がイメージよりも良い方向に向かった例としては、
MEにて(書いてあるものは修正前です)
○知智ルートのラストは『知智が哲を助手として完全に認めて終了』、というかそもそも知智いわく哲は『助手』
○ゲンさんの性格は家達&輪村と大して変わらなかった
○事件の繋がりなど本当は無かった
(BSについては原案者が別なので割愛)

悪い方向に向かった例については、
ME2にて、
○新キャラが『元から学校にいた』と『転校生である』という2つの相反するイメージが無意識のうちに生まれて重なりあい、泣く泣く片方のネタをボツにせざるを得なくなった
○新ヒロイン初出時のイメージを作っていたが、直前の展開の都合上改変する必要に迫られ、初出後が知智と新ヒロインの友情というある種陳腐なものになってしまった

・・・あんまり具体的ではありませんが、そんな感じです

むぅ、精進精進っと
関連記事
  1. 2013/07/09(火) 23:43:21|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<星月欠片の場合 その3 「あなたの犠牲は今日の晩ご飯前くらいまでは忘れません」 | ホーム | 今後の予定>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mysteryeater.blog.fc2.com/tb.php/186-12f74fbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。