ミステリイーター!

ノベルゲーム「ミステリイーター!」を主とした、いくつかのゲームの開発ページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いくつかのお知らせなど

えー、あれよあれよという間に4月になってしまいました

現実と同じように、作中の世界でも時間がゆっくりと進行していきます
現在執筆中のところでやっと5月が終わるかどうか、といった部分です
ところでME1、ME2の作中スケジュール(○月○日は月曜日、という指定)は、実は2013年のカレンダーを元にしています。もちろん裏設定であり作中に直接出てくる事はありませんが

さて、ここからが本題です
別々に書くほどでもないような細々としたものをまとめた内容になります

その1
アクセスランキング」というものに登録してみました
このブログの訪問者は一体どこから来ているのか、をアバウトながらも計測するサイトです。多分
ブログトップに設置した「ACR WEB」というもので計測しているらしいのですが、実はまだ自身も仕様がよく分からず
(訪問者が開いたページのみカウントされるのか? ではトップページの「続きから」から開ける追記にカウント用アイコンを設置した場合はどうなる?)
ともかく現在はお試し中です。すぐに消すかもしれませんが、もし残す場合はブログ左のフリーエリアにでも設置してみようかと思います
※とりあえずランキングリストは最下に設置してあります。無ければ・・・消したと思ってください

その2
ME2にて、サイドエピソード(サイド)の仕様をほんの少しだけ変える可能性が大きくなってきました
以前の記事でも触れた内容ですが、ME1でのサイドは「特定のキャラ×数指定」という形でした
しかし2では「不特定多数のキャラ×数未定」という形を取ります
つまり、どんなキャラでもサイドの視点キャラになる可能性があり、かつサイド自体の総数もかなり増えます。もしかすると50近いかもしれません
ただし、その代わりに1つ辺りのページ数は減る傾向にある・・・と思います

・・・さて、今回の新たな仕様変更ですが、
各章(1で言うと○日目)の終わりごとに、毎回タイトルへと戻るようにしたいと思います
その理由として、その章で出現したサイドに触れてほしい(後でまとめて見返すと、出現した付近の状況を忘れてしまっていて?となる、という意味もあります)という事と、
出現したサイドに、物語の進行上とても大事な展開を入れたいからです
本編の視点役は、仕様上どうしても哲のみになってしまいます
ですが、事件に関する重要な情報を何も知らないキャラ(生徒会でも、マソラでも何でも)が拾う展開をサイドで行い、それを見たプレイヤー自身がその意味を考える・・・などといった展開を実装してみたいと思います
そういうわけで、↑のような物語上重要なサイド(他にも、事情を知るとあるキャラが真犯人と電話で会話している、など)は、それを見なければ次の章が出現しない、という形を取りたいと思います
もちろん、物語の進行には関係ないような通常のサイド(1ネクストに載せた3つのような)は、章ごとにタイトルバックはしますが閲覧は任意です
・章の終わりごとにタイトルバック
・物語上重要なサイドは強制

その3
さて、前回「あまり気長にというわけにもいかない」と書きましたが、その理由についてです
個人的な理由で、そう遠くない頃合いに、執筆&ゲーム制作の時間が取りづらくなってしまいそうです
そしてその頃合いというのが来年の4月以降、あと1年というわけです
取りづらくなってしまうといっても、現在の作業スピードが半分~3分の2程度に落ちてしまう・・・といった程度ではありますが、
それまでにシナリオを出来るだけ、理想としてはME2を9割程度、まで完成できているような状態まで持っていければいいなと

==========================================
アクセスランキング。もしかするとそのうち消すかもしれません・・・

関連記事
  1. 2014/04/03(木) 23:20:53|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<協会系 メインシナリオ その15 | ホーム | ME2進度報告 0331>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mysteryeater.blog.fc2.com/tb.php/229-e7f5bfd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。