ミステリイーター!

ノベルゲーム「ミステリイーター!」を主とした、いくつかのゲームの開発ページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

12月20日

またやってきましたこの日
ブログを作ってから4回目、自分自身にとっては6周年目の12月20日です

毎度のごとく初見の方に説明しますと、今日この日は自分が小説(協会の原型)を書き始めた日、になります
そして1年の総括の日です。苦情が来ようが毎年行います

今年は私用の問題でかなり忙しく・・・さらにいくつかやらかし、忙しさがまだまだ続きそうです
私がいつもツイッターで喚いている事から勘のいい人はもしかするとお気づきかもしれませんが・・・まあ、この時期に執筆活動など行っていることがそもそも間違いではありますが(´・ω・`)

さて今年度の執筆文字数です
協会2:9万文字
ME2:6万文字
合計:15万文字

参考:去年度

・・・えー、がっつり減ってますね
流石にこれではいかんと思い、本日はかなり頑張って、本日だけで1万文字ほどを書き上げましたが・・・

さて、正直に告白します
もちろん自身でさえ言いたくはないのですが、本日はまとめの日ですので

書き始めの頃に比べ、執筆意欲があからさまに落ちています。ええ、認めます
もちろんME2や他作品を途中で放り投げるとかそういった事ではありませんが、それでも書く事に対する熱意は6年前よりは確実に減ってきています
それは忙しく実際に書ける時間がなかなか取れない事によるものなのか、それとも

昔の熱意とその技量とが、今と確実に反比例している気がします
昔ほど熱意は多く、今は小さい
昔ほど技量は低く、今は高い

・・・繰り返しますが、筆を折るとかそういったレベルの話ではありませんのでご安心を

書き始めの頃は、高校から帰るとすぐにワードファイルを開き、拙い作品を書いていました
20ページほど書き、自分自身でもああこれは駄目だなと思い没にする、を毎日のように繰り返していました
今よりはあの時の方がよほど熱意があったと思います

さて
その初心を思い出す、思い出したいという意味も込めて、その時書いた作品を公開します
もちろんただの黒歴史の塊ですので、興味がある人だけどうぞ
当時は協会1の冒頭部分を書くのにめちゃくちゃ悩んでいて、冗談抜きで15回くらい書き直しました
1回目 (おそらく現在最古。でも本当に最も古いのは現存せず)
3回目
9回目

・・・黒歴史過ぎて自分でも解説とかしたくありません。ツッコまないでください
目を通すと発狂しそうです。特に1と3
多少の補足説明をしますと
・数人のキャラはまだ名前が決まっておらず、元ネタとなる作品のキャラ名をそのまま使っていた
・全体的に拙い
・石田は最初モブの警官としての名前だった(今回登場しているかどうかは頭が痛すぎるので確認していません)
・展開が断片的で抜けが多い
・犯罪組織のアジトに何故か潜入している白斗が何故か偽名として何故か秋津の名を名乗っている
・全体的に拙い
・全体的に拙い

・・・そんなモノを書いたのと同じ人が、ようやくここまで来ました。中身同じです。本当です
確かに熱意は下がりつつあります
しかしそれ以上に、技量は見違えるほど上達した、と思います
誰かに習ったわけではありません
誰も教えてくれないので、全て独学だけでここまで来ました

昔の「熱意」と
今、そしてこれからの「技量」と
この2つを持って、書き続けていけたらいい
そう思います
関連記事
  1. 2015/12/20(日) 23:59:59|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<協会系 メインシナリオ その2-11 | ホーム | 協会系 メインシナリオ その2-10>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mysteryeater.blog.fc2.com/tb.php/273-40c19307
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。