ミステリイーター!

ノベルゲーム「ミステリイーター!」を主とした、いくつかのゲームの開発ページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

掃除で心機一転

久しぶりに雑記です

先ほど、ME2のシナリオで『掃除』がキーワードの話を書きました
それに自分自身で影響されたかどうかは分かりませんが、現実の方でも少々掃除をしてみました

以前からやろうやろうと思いつつも、実際に手を出してみると意外と疲れるものです

はい

DSC_0363.jpg

ええ、こっちですとも
※ノートPCの分解掃除

現在住んでいる環境がどうしても埃が多く、そのせいで負担をかけやすい状況です
今までは年に1度くらいの割合で電気店に掃除の依頼をしていたのですが、
1回につき数千円の出費、
そして何より現タイミングではPCを数日没収されるのが痛いため、
恐る恐る自分で分解してみる事にしまいした

まずはいつも使っているPCを
DSC_0369.jpg

電源を落としてコードを引っこ抜いて閉じて

DSC_0370.jpg

ひっくり返します

DSC_0371.jpg

ここで何度も見かけた注意書きが
『警告。サービスマン以外の方による分解は絶対に行わないでください。感電や故障の恐れがあります』
・・・。今まではここで立ち止まり、電気店に駆け込んでいましたが・・・まあ気にせず

まず背面板を留めているネジを外し、光学ディスク(DVDやCDを読み込むあれ丸ごと)部分と、画面下あたりの細長い何か(携帯端末で調べたらバッテリーでした)を取り外します
いやぁ、いつビリビリ来るのかと
流石にバッテリー部分の取り扱いだけは細心の注意を払いました
ディスプレイ用のウェットティッシュでも、感電しそうだったので流石に拭けず。掃除機で周辺に溜まっていた埃を軽く吸い取るだけでした
触る前に遺書でも書いておいた方が良かっただろうかとかも思いつつ

それはともかく
DSC_0364.jpg

※左・・・背面板(=ノートPC底部)のウラ 右・・・PC内部、ノートPCキーボードのウラ
なんだかんだで背面を外したところ、全体的にうっすらと、そして局所的には埃の塊が転がっていました
それを出来る限り掃除機で吸ったりウェットティッシュで拭ったり、綿棒を差し込んだり

ここに一番溜まっているんじゃなかろうかと予想していた冷却ファン(右下の扇風機)は、実際そうでもなく、取り外そうにも細かい線が溶接されていたので動かせず、掃除機で吸引するだけに留めました

DSC_0365.jpg

なんだかんだで数時間かけ、掃除は無事に終了しました
最初から心配していた被害3つ、
1、感電
は、何とか遺書も必要なかったようで

2、破壊(物理)
は、背面板が薄いプラスチックであり、それを引きはがす時にバキッ☆と行きそうで怖かったのですがそこもどうにか
(強いて言うなら、背面板はネジといくつかの「ツメ」で留められていたのですが、引きはがす時にいくつか壊してしまったようで・・・
ただ、ツメのせいで背面板がガッチリ固定されすぎていて、正直なところネジだけでいいのでは・・・?
そういう意味では、もしかするとツメを破壊しておいて(次もスムーズに開けられて・背面板自体を壊す確率が低くなって)良かったかなー、と思いま、す・・・?)
ついでに言うと、最初動かせるかなと思い冷却ファンのネジを外したのですが、それをすっかり忘れていて・・・
PC全体を一度元通りにした後に思い出し、ネジを付けようと再度背面板を外し・・・その時にまた別のツメを破壊しました

3、破壊(電子)
再度組み立てて、また問題なく起動するかどうかが心配でしたが・・・
再起動しましたところ、
『なんかバッテリー少なくない? 初期設定するから現在の日時と言語を選んでね!』(英語)(意訳)
的な画面が出てきまして
そしてそこで選べる言語が、英語とフランス語だけだたっという・・・
無視して先へ進んだところ、今まで通りのデスクトップ画面が出てきました
英語で初期設定をすることになったらどうしようかと・・・
そしてその無事に組み立てられたPCで、今この文面を書いているというわけです

ついでに光学式マウスも掃除しました

DSC_0368.jpg

昔使っていた旧PCの自体から使っていたマウスで、ME1を書いていた頃から使用しています
(以前新しいマウスを買ったのですが、サイズ的な問題かデザインの問題か、どうしても手になじまず・・・)
もう分解掃除は3、4度目であるせいもあり、手慣れてきました
もちろんPCに比べると構造はとても単純で、ネジも2つ(今回PCでは11本外しました)だけですし

そんなこんなで、ツメを4、5本ほど破壊したこと以外は、無事に掃除が終了しました
もしかすると勝手に開けた&ツメをへし折った事で、以後のメーカー掃除を断られてしまう可能性がありますが、
ある程度は自分で出来ることが分かったので、どうにかなりそうだと思います

さて、心機一転しつつ、とっとと残りのシナリオを書かねば

※良い子はマネしないでね!

参考にしたサイト1
サイト2
サイト3
関連記事
  1. 2016/11/16(水) 22:40:43|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ME2攻略 春 チャプター4 | ホーム | 体験版2公開、そして・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mysteryeater.blog.fc2.com/tb.php/282-2554e0fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。